スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.01.29 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

あけまして おめでとうございます。

  白銀の 宙を舞ひたし しろうさぎ

真っ白な心で、真っ白な世界へ望みたいと思います。

私は、白の紙へ望むのが好き。そして、半襟も足袋もハンカチも白がいい。
あとは、白いお米。白は、私を試す。白は、私を掻き立てる。
だから、白い時空に身を置けるように、白との対峙をする・・・。

今年もよろしくお願いします。  書家・文字文化文筆家 宇佐美志都




                 ≪ 宇佐美志都 年頭関連ご報告≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   宇佐美志都 元旦三大特集 <SK-II・住友林業・西日本新聞>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■SK-IIの『肌道』CM元旦よりスタート! (小雪さんが着物姿で出演)
 今年、世界12カ国(中国・欧州・米国など)で展開!
 ⇒
http://www.sk-ii.jp/

■住友林業様の元旦広告にて
 『森のちからを、未来のちからに。』を揮毫させて頂きました。
 ⇒
http://shizu-media.jugem.jp/?eid=51

■西日本新聞の元旦特集にて
 北九州市水道開設100周年特集巻頭〜「水」は命の輝き・宇佐美志都〜
 ⇒
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/2011/newyear/pdf/kitakyushu.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
掲載誌・番組ご紹介 <メンズ雑誌"2nd"・北九州商工会議所・市政番組>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メンズファッション誌「2nd(セカンド)」(1/15発売3月号・107〜113頁に掲載)
 "The Visual Performer"として、宇佐美志都が特集されています。
 ⇒
http://shizu-media.jugem.jp/?eid=54

■北九州商工会議所 機関誌 「北商ニュース」"新春特別版・私のこだわり"
 『横書きは時を断ち 縦書は時を運ぶ』を、寄稿させて頂きました。
 ⇒
http://shizu-media.jugem.jp/?eid=52

■北九州市政テレビ番組 「ドリーム!北九州」  ★以下で動画配信中!必見!★小倉生まれ、小倉育ちの私。小倉にある「宇佐美志都・書廊」の様子も御覧頂けます。
 ⇒
http://www.city.kitakyushu.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=30007




COP10(生物多様性条約第10回締約国会議) 会場にて

生物多様性条約第10回締約国会議における日本政府の提言書の表紙などの揮毫担当書家として、名古屋の会場に、会議開始より一足お先に!厳重警備体制を、スパイ並みにこっそり潜入!...いや、きちんとIDパスを頂き、伺って参りました。

清清しい竹などで囲まれた名古屋の会場では、
今、会議開始に備え、厳重な警備で余念の無い支度が行われていましたよ!




厳戒態勢の中でも、おしづは我が道を行く!?
   〜 生物体系の永遠の生命を願い、しづスマイル★ 万物に幸あれ.. 〜

※今回、私が揮毫させて頂いた書は、日本政府が正式に提言書を発表・配布した後に、こちらでもご紹介させて頂きます。乞うご期待!?


NY国連総会に、書・『歌』提供     〜『歌』の漢字の成り立ち〜

生物多様性条約締結(名古屋で10月より開催のCOP10)を踏まえた、
NYで開催された国連総会における、日本政府記者発表において、
私、宇佐美志都が、
『歌』という作品を揮毫し、文字学的考察を担当させて頂きました。


           ※この作品は、国連事務局に寄贈されました※

記者会見の様子
国連のHPにて放映されています。
 
(志都書は、映像開始6分頃から登場致します。)
NHKのニュースは、こちらです


環境大臣はじめ、COP10名誉大使である、アーティストのMISIAさんが、現地での記者発表に望まれました。
          
    〜〜 『歌』の漢字の成り立ち 〜〜

想いを入れる器(口の部分:’サイ’という専門用語で呼ばれる)を、木の枝などで叩きながら(口の周りに書かれた囲いの部分がそれに当たる)、口を大きく開けて祈り歌っている姿(欠の部分:あくびと呼ぶ部分で、人の側身形の上に、口を大きく開けている象形が乗っている形)が、
『歌』という漢字の成り立ちです。
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

来る10月の名古屋で開催の、生物多様性締結会議(COP10)を機に、
今一度、自然と人との関係、生態系について、考え直したいですね。

かつて、自然の中に、人は居た・・・人の中にも自然があった・・・・
そんな気が致します。
                                  宇佐美志都


「満員御礼」 〜会期を終えて

お陰様にて、「志都書庵」オープンギャラリーを無事終える事ができました。
一重に、皆々様、おひとりお一人さまの支えのお陰だと改めて感じ入った次第です。

・・・・御礼の言葉がたくさんあります。後ほど写真と共に書き加えます。 

ありがとうございます。   志都拝


書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

志都書庵(港区白金台)へどうぞ。4月15〜17日(木・金・土)

花待ちて 咲き散りぬれど またも待つ
                               詠み人志都

桜にこがれる日々を
各地でお過ごしの頃と存じます。

奈良時代末期から平安初期には成立されていたと考えられている『万葉集』。
その中で一番多く詠まれた花は「萩」、それに次ぐのは「梅」でした。
その後、平安が定都となった頃、
嵯峨天皇が宮中の庭いっぱいに、「桜」を植えた事で貴族の中に桜を愛でることが習慣になり、
後の江戸時代、庶民にも、桜見が慣習となりました。

名残りの桜を終えた
四月十五日(木)・十六日(金)・十七日(土)は、
新緑の芽吹きに恵まれますでしょうか。

・・・と、申しますのも、
私事ではありますが、この度、「宇佐美志都 書庵」と称し、
東京都港区白金台に、作品展示と一服の場を小さく設けました。
つきましては上記の期間、オープンギャラリーを開催する運びと致しました。
久方ぶりの再会が、ここで叶えばと存じます。

当書庵のしつらいに合わせ、総て制作した新作と共に、心よりお待ちしております。
また、昨年のロンドン芸大での作品も併せて御高覧頂き、
ご報告の機会とさせて頂けたらと存じます。

この度は、七年前に開設致しました「宇佐美志都 書廊 Main Gallery」の
作品の展示形式(コンクリート打ちっぱなし空間)とは違い、
屏風の大作にも試みた一方で、小空間に掛ける軸などを始め、
空間自体を住空間に見立て展示致しました。
また、白い和紙の畳を敷いた事は、
作品と空間を増幅させる事にもなったようにも感じています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■会期:平成22年 4月15日(木) 16日(金) 10時半〜19時
                17日(土)        10時半〜18時
 ■場所:宇佐美志都 書庵 Gallery II  
      東京都港区白金台

★事前ご予約  info@shizuusami.com    TEL: 093-521-3060 (担当:荒木るみ)
★当日のお問い合わせ   TEL:080-3711-1472 (担当:宮本あずみ)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

出来ますれば、お越しいただけます日時を事前にお申し出いただけますと、
「待つ」楽しみが出来、うれしゅうございます。


※今後は、東京では、上記(港区白金台)が拠点となります。
 なお、本開催期間外でも、ご予約等お申し付けくださいませ。


書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

春の一歩

春の一歩を・・・・・・。



書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

再会 〜「橋のむこうがわ」の彼

週末の日中、日比谷線。泳ぐように走る車内の窓から見えたのは、数年間逢っていなかったとある人だった。1秒にも満たないその窓越しに見えたその人の姿に確信を覚えた私は、彼が乗り込んだ車両へと足が向かわないはずはなかった。
五年ほど前に縁があり、私の作品のオーナーとなった彼ら夫妻は、欧州から日本に数年滞在し、その後、シカゴへと旅発った。そして、日本に数週間前にまた来日したという。週末の地下鉄という身の軽いどこか非日常な空間で、まるで数年間の時間を数秒で埋めうように私達は抱きしめ合い、その場がそこであることも忘れてしまっていた。「橋のむこうがわ」という作品らを、日本からシカゴへ持って行き、また日本の住まいにも掲げてくれているという。「橋のむこうがわ」にこれから自分は行くから・・・と、この作品を手元におきたいと云って選んでくれたその日の追想した。
私達三人は、再会を固く誓った・・・。


書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

「とら」 平成二十二年 庚寅

        
           眼つむらば 彼方へと望まん
           空、海、心の古への潮騒
           今こそ・・・・・温故知新、哉

           


























昨年十月末から、本日まで、皆様との日々の交友の場でありましたこのブログでしたが、
お休みをさせて頂いておりました。

年末年始にかけて、多くの皆々様より、ご心配のお電話やメールを多く賜る形となり
皆様が、私と逢うような心持ちで、この場を訪れていて下さったことを直に感じさせて頂き、
再開の運びとさせて頂く力を頂戴致しました。

少しお休みをさせて頂いていた理由は、職業病になっていたことと、縦書き推奨者として、横書きのこのサイトを見ることが嫌になったことでした。職業病とは、同じ姿勢で、本を読んだり、墨を磨ったり、パソコンをしたり・・・で、下を向いている時間が長すぎるとの事で、首の頚椎損傷そしてぎっくり腰にも!気分はいつも前向き!なのですが、首の角度はいつも下向きだった!とは、わたくしとしたことが!盲点でした。。その反省としての対策も、今後、ご披露予定♪ お楽しみに?!

・・・久しぶりのこのブログの文章にもそろそろエンジンがかかってきたところで、お休み中頂いたご心配メッセージの中から、驚き?と感動★のお声を勝手乍らご紹介しつつ、久しぶりの皆様へのお便りとさせて頂きたく。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●「しづさん、戸籍を取りに行ったとか書いてたので、結婚して海外にでも行ってしまったのかと、心配してましたよ=! ・・・で、しづさんの生存確認できた所で伺いますが、事実どうなんですか?」 ⇒「まるでナシ!」

●「しづさま・・・いま、何処ですか?」  ⇒「ここです。家です。。」

●「元気?最近、友達が若くして急に他界してしまったから、しづのことも気になってたけど、生きてて良かった。。」    ⇒「ごめん・・・そんな心配してくれてて・・・・・・・ごめん・・・」

●「拝啓しづさま、しづさまのブログないと寂しいです」⇒ここで一句「寂しいと 云ってくれるの 皆おんな」?

●(激怒!)「心配するじゃないですか==!早く更新してくださいよ!!」 ⇒「・・・しゅみましぇん..」
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

という感じで、首の頚椎損傷でコルセットをして半ば療養中でPCを使わないようにしていた私でしたが、お気持ちが嬉しかった事と、お一人おひとりのお電話+メールにPCなどで応対をしているくらいだったら、ここを更新した方が療養中は特に良い!?と思ったのが、年末・・・ということで、本日、ひとまず二十四節気の「大寒」(今年は1月20日)の前には、更新をようやく行動に移した、今年の宇佐美志都です。

皆さん、今年も、いろんなところでお会いできますよう・・・・・・      
今年もお知らせ満載な年になりそうです!


            「この時代を、ご一緒に・・・・」  宇佐美志都
                                        
                    
※「とら」の作品は、現在、宇佐美志都ギャラリー(北九州市小倉)に展示中。表装には、私が墨でとら柄を描いた和紙の裏に橙色の紙を透かし、いつもの表具師:馬毅氏が制作。ご予約の上、ぜひ一服にお見え下さいませ。▲御予約:093−521−3060 info@shizuusami.com


書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

一位と二位の差 そして 一人ひとりの役目

   バレエを見て思った・・・一位と二位の差の歴然の違い。
   ミュージカルを見て思った・・・一人ひとりには役目があることを。
バレエを見て思った・・・ご存知の通り、バレエには、プリマと呼ばれる一番の踊り手が舞台では花。その姿たるや、やはり、二位以下を突き放している。最高位でなければ、以下はその他大勢の中になってしまう世界なのだと思った。オリンピックでも世界大会でも、最高位の人でしか、本当の勝者ではない世界。

一方、ミュージカルを見て思った・・・誰にも、その人に応じた役があることを。ライオンキングでは、黒人の人が花形だ。その肉体や表情、そして熱情を表すには、彼らが最高にふさわしい。そして、その舞台をつくりあげることに、一人ひとりに似合った見合った役が配役されている。一人ひとりには、生きていく配役があることを感じさせてくれる。

この両者のこと、私はそれぞれ異なったことを云っているように感じる人もいるかも知れないが、そうではないことを読み取ってもらえたら幸いだ。人は、それぞれの人生の中で、主役であるし、オンリーワンとして、生きていける路があるということを、改めて感じ、それを皆さんに伝えたかった・・・。よい週末を・・。


書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

Japan Matsuri Spitalfields 〜(第一回)ジャパン祭・ロンドン

------------------------------------------------
Japan Matsuri Spitalfields - 19th September 20
------------------------------------------------
▼なんとーその1!
1・2万人万人ご来場となれば、あっぱれ!だったが、なんと!3.5万人以上が1日にご来場!

▼なんとーその2!
鶴賀 若狭掾様 重要無形文化財「新内節浄瑠璃」(各個認定)保持者
鶴賀伊勢次郎様 新内三味線(上調子) が会場にて演奏!

▼なんとーその3!
上記国宝師匠と、宇佐美志都、コラボ作品も!宇佐美志都作品揮毫内容は、「いろは唄」「一夜流れ」(新内三味線と書のコラボ作品)「日英友好百五十周年」の三作品!
 
       また、追ってご報告申し上げます!  〜"ニュース速報"でした!



書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami


宇佐美 志都(しづ)
書家・文字文化文筆家 shizuusami

 〜 宇佐美志都 公式ブログ 〜

経済産業省などはじめ、官公庁や企業の書を揮毫。母により幼少から書に触れ、福岡教育大学特設書道科卒業。在学中より、個展(銀座・横浜・福岡等)多数開催。その後、京都の認定NPO法人文字文化研究所にて、平成15年、当時の理事長・白川静氏(文化勲章受章)より当時、最年少の文字文化認定講師を拝命。平成17・18年、コムサイズムブランドより『宇佐美志都 浴衣』として350店舗にて展開。また、日本七都市にて、原画作品展及びサイン会を開催。平成21年、ロンドン芸術大学にて、テキスタイル専攻。在英時、在英日本大使館主催初の「ジャパン祭」に重要無形文化財「新内節浄瑠璃」鶴賀若狭掾様、鶴賀伊勢次郎様と共演し日本文化を紹介し、「いろは唄」等揮毫。現在、東京を拠点に、書家・文字文化文筆家として書制作及び、文字の成り立ちと日本の慣習にまつわる執筆・講演を行っている。作品は、東京港区の『書庵』と、宇佐美本店本社(北九州市小倉北区)の『書廊』にて、常設展示。詳細は、公式HPにて。


■ web sites ■
宇佐美志都 公式ホームページ 宇佐美志都公式ホームページ

宇佐美志都2009 『ロンドン滞在記』 宇佐美志都2009『ロンドン滞在記』

宇佐美志都 公式広報便り 宇佐美志都公式広報便り

宇佐美本店 公式ホームページ
  〜本格和調味料をあなたへ〜宇佐美本店公式ホームページ

■ calendar ■

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

■ entries ■

■ archives ■

recent comment

  • マルヰガス マルヰ かわら版「ムティ」
    濱田 裕子
  • マルヰガス マルヰ かわら版「ムティ」
    濱田 裕子
  • 『彼女が水着に着替えたら』?! 〜実は、私は水泳選手だった。
    にわとり
  • あけまして おめでとうございます。
    にわとり
  • ※宇佐美志都 広報よりお知らせ※
    にゃん子
  • あけまして おめでとうございます。
    村田(松永)美由紀
  • あけまして おめでとうございます。
    杉浦彩乃
  • あけまして おめでとうございます。
    森田
  • 「第7回 ベストデピュタント賞 2010」 受賞 ご報告
    宇佐美志都
  • 「第7回 ベストデピュタント賞 2010」 受賞 ご報告
    ぼんぐ

■ search this site. ■

■ mobile ■

qrcode

■ others ■

powered

みんなのブログポータル JUGEM

sponsored links