スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.01.29 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

★広報ブログ、随時、新聞掲載記事など更新中★

宇佐美志都広報ブログでは、随時、新聞掲載記事などが更新されています。

昨夜、茶道友達からの苦情..?!で、「しづちゃんブログでも更新のお知らせしてよ〜」との声があり、、こちらのしづブログ「日々志都」でも、しづ広報サイトが更新されたら、そのご案内をする様に致します。

ということで、、しづ広報ブログでは、
COP10関連での取材等、掲載しておりますので、併せてご高覧いただけたら幸いです!

   『宇佐美志都・広報便り   Media Highlights』
 
     ★朝日新聞記事        ★毎日新聞記事
    ★JCOMニュースでの放送  ★WEBニュース メデイア・マックスさま記事

                                       が、追加掲載されております♪

NY国連総会に、書・『歌』提供     〜『歌』の漢字の成り立ち〜

生物多様性条約締結(名古屋で10月より開催のCOP10)を踏まえた、
NYで開催された国連総会における、日本政府記者発表において、
私、宇佐美志都が、
『歌』という作品を揮毫し、文字学的考察を担当させて頂きました。


           ※この作品は、国連事務局に寄贈されました※

記者会見の様子
国連のHPにて放映されています。
 
(志都書は、映像開始6分頃から登場致します。)
NHKのニュースは、こちらです


環境大臣はじめ、COP10名誉大使である、アーティストのMISIAさんが、現地での記者発表に望まれました。
          
    〜〜 『歌』の漢字の成り立ち 〜〜

想いを入れる器(口の部分:’サイ’という専門用語で呼ばれる)を、木の枝などで叩きながら(口の周りに書かれた囲いの部分がそれに当たる)、口を大きく開けて祈り歌っている姿(欠の部分:あくびと呼ぶ部分で、人の側身形の上に、口を大きく開けている象形が乗っている形)が、
『歌』という漢字の成り立ちです。
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

来る10月の名古屋で開催の、生物多様性締結会議(COP10)を機に、
今一度、自然と人との関係、生態系について、考え直したいですね。

かつて、自然の中に、人は居た・・・人の中にも自然があった・・・・
そんな気が致します。
                                  宇佐美志都


宇佐美志都 〜公式サイト・ブログのお知らせ〜

残暑に別れを告げ、初秋を迎え入れるような・・・秋雨まじりの日です。

本日は、新しく仲間入りしました、「広報便り」など、以下にご案内申し上げます。
編集を少し変えておりますので、どうぞ、今後とも、各々のサイトのご愛読頂けましたら幸いです。
(⇒にも、バナーでリンクしております)

◆宇佐美志都 公式ホームページ 『書家・文字文化文筆家 宇佐美志都』
◆宇佐美志都 公式ブログ 『日々志都』
◆宇佐美志都 公式広報ブログ 『宇佐美志都 広報便り −Media Highligt』
◆宇佐美志都2009 『ロンドン滞在記』

◇宇佐美本店 公式ホームページ 『本格和調味料をあなたへ』

                           
秋、今年の秋、どんな秋にしましょうか。
名月が待ち遠しいですね。                        志都拝


「満員御礼」 〜会期を終えて

お陰様にて、「志都書庵」オープンギャラリーを無事終える事ができました。
一重に、皆々様、おひとりお一人さまの支えのお陰だと改めて感じ入った次第です。

・・・・御礼の言葉がたくさんあります。後ほど写真と共に書き加えます。 

ありがとうございます。   志都拝


書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

志都書庵(港区白金台)へどうぞ。4月15〜17日(木・金・土)

花待ちて 咲き散りぬれど またも待つ
                               詠み人志都

桜にこがれる日々を
各地でお過ごしの頃と存じます。

奈良時代末期から平安初期には成立されていたと考えられている『万葉集』。
その中で一番多く詠まれた花は「萩」、それに次ぐのは「梅」でした。
その後、平安が定都となった頃、
嵯峨天皇が宮中の庭いっぱいに、「桜」を植えた事で貴族の中に桜を愛でることが習慣になり、
後の江戸時代、庶民にも、桜見が慣習となりました。

名残りの桜を終えた
四月十五日(木)・十六日(金)・十七日(土)は、
新緑の芽吹きに恵まれますでしょうか。

・・・と、申しますのも、
私事ではありますが、この度、「宇佐美志都 書庵」と称し、
東京都港区白金台に、作品展示と一服の場を小さく設けました。
つきましては上記の期間、オープンギャラリーを開催する運びと致しました。
久方ぶりの再会が、ここで叶えばと存じます。

当書庵のしつらいに合わせ、総て制作した新作と共に、心よりお待ちしております。
また、昨年のロンドン芸大での作品も併せて御高覧頂き、
ご報告の機会とさせて頂けたらと存じます。

この度は、七年前に開設致しました「宇佐美志都 書廊 Main Gallery」の
作品の展示形式(コンクリート打ちっぱなし空間)とは違い、
屏風の大作にも試みた一方で、小空間に掛ける軸などを始め、
空間自体を住空間に見立て展示致しました。
また、白い和紙の畳を敷いた事は、
作品と空間を増幅させる事にもなったようにも感じています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■会期:平成22年 4月15日(木) 16日(金) 10時半〜19時
                17日(土)        10時半〜18時
 ■場所:宇佐美志都 書庵 Gallery II  
      東京都港区白金台

★事前ご予約  info@shizuusami.com    TEL: 093-521-3060 (担当:荒木るみ)
★当日のお問い合わせ   TEL:080-3711-1472 (担当:宮本あずみ)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

出来ますれば、お越しいただけます日時を事前にお申し出いただけますと、
「待つ」楽しみが出来、うれしゅうございます。


※今後は、東京では、上記(港区白金台)が拠点となります。
 なお、本開催期間外でも、ご予約等お申し付けくださいませ。


書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

春の一歩

春の一歩を・・・・・・。



書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

『彼女が水着に着替えたら』?! 〜実は、私は水泳選手だった。

幼稚園に入る前くらいからか、私は水泳を始めた。そして、割と大きくなるまで通っていたので、学生時代は水泳大会にも出て、個人メドレーなども泳ぐ選手だった。
大人になってからも折に触れてホテルのプールなどで泳いではいたが、昨年の秋のぎっくり腰もあり、最近は、週末はまじめにプールに通い泳いでいる。プールの半分くらい迄ドルフインキックで潜水し、そのまま足腰はバタフライキック(ドルフィンキック)で、手は平泳ぎ泳法で水をかくという事をして、時々定番の泳ぎの流れの中に織り交ぜると創造性が沸きまた妙。私のすっきりヘアの源も、この水泳帽子に髪を全部入れるところに由来するのかなああ、と、ふと、帽子を被る時思った。(影絵にしたら、頭の造型は同じ。)今も運動の中で一番得意なのは水泳。ゴルフ・テニスは、筋を使うので書家の私はしないようにしているが水泳はその点からも佳し。

まあ、とにかく、着物の下に潜むスポ根魂は、水泳に源泉がある事を水に溶け合う身体が再び確信している。 −− 水泳好きな人いらしたら、今度、ご一緒します?!


書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

節目の白 清き白

  年初めや立春など、節目の日には、私の「白」を新しい白にすることを心がけている。
半襟・足袋・帯締め・・・これらの白が、私を白に律してくれる。そして、「白」は、私の対話相手でもある紙の色・・・。だから、志都さんは白がお好きなのだ。


書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

節分・立春 〜春風を興した一票

安治川親方が一票を投じたという一連のニュースに、氏のこの想いが今後立つようにと、
その心意気を知り泣ける想いがした。
節分、そして、立春。この春風が、大きな木立の間を澄んだ瞳で駆け巡れますように・・・。


書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

貴乃花

             貴乃花おめでとう!貴乃花がんばれ!
   しかと捕らえてじりじりとやってほしい。国技の基にある心と魂を託したい・・・・・。



書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami


宇佐美 志都(しづ)
書家・文字文化文筆家 shizuusami

 〜 宇佐美志都 公式ブログ 〜

経済産業省などはじめ、官公庁や企業の書を揮毫。母により幼少から書に触れ、福岡教育大学特設書道科卒業。在学中より、個展(銀座・横浜・福岡等)多数開催。その後、京都の認定NPO法人文字文化研究所にて、平成15年、当時の理事長・白川静氏(文化勲章受章)より当時、最年少の文字文化認定講師を拝命。平成17・18年、コムサイズムブランドより『宇佐美志都 浴衣』として350店舗にて展開。また、日本七都市にて、原画作品展及びサイン会を開催。平成21年、ロンドン芸術大学にて、テキスタイル専攻。在英時、在英日本大使館主催初の「ジャパン祭」に重要無形文化財「新内節浄瑠璃」鶴賀若狭掾様、鶴賀伊勢次郎様と共演し日本文化を紹介し、「いろは唄」等揮毫。現在、東京を拠点に、書家・文字文化文筆家として書制作及び、文字の成り立ちと日本の慣習にまつわる執筆・講演を行っている。作品は、東京港区の『書庵』と、宇佐美本店本社(北九州市小倉北区)の『書廊』にて、常設展示。詳細は、公式HPにて。


■ web sites ■
宇佐美志都 公式ホームページ 宇佐美志都公式ホームページ

宇佐美志都2009 『ロンドン滞在記』 宇佐美志都2009『ロンドン滞在記』

宇佐美志都 公式広報便り 宇佐美志都公式広報便り

宇佐美本店 公式ホームページ
  〜本格和調味料をあなたへ〜宇佐美本店公式ホームページ

■ calendar ■

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

■ entries ■

■ archives ■

recent comment

  • マルヰガス マルヰ かわら版「ムティ」
    濱田 裕子
  • マルヰガス マルヰ かわら版「ムティ」
    濱田 裕子
  • 『彼女が水着に着替えたら』?! 〜実は、私は水泳選手だった。
    にわとり
  • あけまして おめでとうございます。
    にわとり
  • ※宇佐美志都 広報よりお知らせ※
    にゃん子
  • あけまして おめでとうございます。
    村田(松永)美由紀
  • あけまして おめでとうございます。
    杉浦彩乃
  • あけまして おめでとうございます。
    森田
  • 「第7回 ベストデピュタント賞 2010」 受賞 ご報告
    宇佐美志都
  • 「第7回 ベストデピュタント賞 2010」 受賞 ご報告
    ぼんぐ

■ search this site. ■

■ mobile ■

qrcode

■ others ■

powered

みんなのブログポータル JUGEM

sponsored links