スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.01.29 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

心のままに

それは 私の顔をつつむほどの 花だった
         それは 私の心より 白い白い色をしていた
         それは 私をやさしく撫で 迎え入れてくれた・・・ 心のままに そう・・



書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

「自由・創造・自立」 〜ロンドン芸大・セントマーチンズでの授業

この夏・初秋にかけての、今回の授業は総て終わった。
創造することをやめた時、ヒトは、退化しかない・・・と思っている。それは、私が、書家だからとか、デザインをしているからとか・・ではない。 
ずっと抱いてきた想い・・・「自由・創造・自立」を、いつも瞳の奥に輝かせたいから。
そして、"生もの"として生きていたいから。生ものは腐りやすいが無限の料理の可能性を秘める。



書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

「現在・過去・未来」                       〜スカーフ

現在・過去・未来
        現在・過去・未来・・・・・・・


▼(左)過去・・・刻まれたそれぞれの歴史も、時という力で、まっすぐに流れていく。
 (中)現在・・・あらゆる葛藤や日々の選択。うごめく今を、形にすると、こうだろうか。
 (右)未来・・・過去・現在の自分を基に、でも、まだどうにでも、加工できる自由な未来。



書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

「イタリアの陽射し」 〜スカーフ




陽射しが舞い降りて
花が空をむかって
オリーヴの実があって


人には
国には
似合った色と形がある

あなたにも似合った場所がある

そして 生きる場所がある





















書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

「環境破壊」 〜地球の叫び

崩れる 崩れる 溢れる 溢れる
     自然の源  人間の欲望



書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

「TOKYO」             〜社会風刺作品として

"TOKYO”
   天に伸びようとするビル群
   しかし、その方向は、天に導かれる方向なのか
  
   "TOKYO”
   縦横無尽に網羅しようとする道の迷路   
   しかし、心身も交叉し迷宮になってはいないか

   "TOKYO" そして、日本
   その場所は、どこへ行くのか・・・・ 
   そして、その二人の部屋は、魂は、百年後もあるのか
  

書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

制作魂は止らない!!?!!!

白い生地を染める、形づくる・・・・ことが、止められない!
    それは、やはりどこか白い画仙紙に書をすることに似通っている。

▼白生地に網目柄をほどこし、ビー玉で絞り技法。また、花びらの中にもビー玉を入れて絞る。

▼上の紫桜色の網目柄の表面に、今度は、うろこ模様になるよう、ビニールを溶かす。

▼この右左の作品は、姉妹。右の作品の表面が転写されたのが左の作品。



お醤油のご用命は「宇佐美本店」までお気軽に

宇佐美本店 四代目 宇佐美 志都

平面の中の立体 〜絞り技法をつかって

絞り(shibori)の技術は、日本人の精神が生み出した、平面の中の立体表現なのだと思う。

着物とドレスの違いは、着物は、平面のものを着る者が自らの手で立体に組み立て纏う。
一方、ドレスは、着手の姿に裁断され縫われていく。書画も然りだが、日本人が発明したこの「絞り」は、日本という国とそして観念こそが生み出したものだと、深く感じる。地から足は離したくないのだけど、少し飛び出してみたい・・・そんな願望から生まれたのだろうか否か知らないが、そんな気持ちが私と絞りの接点・・・かな。





桜の花びらを想い
少し、恥ずかしげに首をかしげた
少女のように・・・・・



















ポーカーフエイスの紳士の
胸の中に潜む
明るい遊び心と少年の気持ち・・・





















葛藤葛藤葛藤・・・・・
心の底で
めらめらめら・・・・の炎も時にはあるよ






















そう誰かさんの姿
こうなりたいね
深みある色と幅・・・・






















書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

「和」 〜風呂敷

黒地のコットン生地に「和」デザイン。
曲線を使わず直線のみで。包むと、少し色が交叉して出てきて妙かと。
太陽の黄色、海の青、大地の赤を用い、人類の「平和」、地球と人間の「調和」を願って・・・。



書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami

●▼■(マル・サンカク・シカク)

      ま、世の中には、いろんなことありますは..そして、人生にも、きっと。
      マル・サンカク・シカク・・いろんな事。
あら、いま、気付いたけど、人生に、バツはない?!人生、いつからでもスタートできるできる、自分次第!しかし、シカクってなんだ、シカクって。。。


書家・宇佐美 志都
Japanese calligraphy Shizu Usami


宇佐美 志都(しづ)
書家・文字文化文筆家 shizuusami

 〜 宇佐美志都 公式ブログ 〜

経済産業省などはじめ、官公庁や企業の書を揮毫。母により幼少から書に触れ、福岡教育大学特設書道科卒業。在学中より、個展(銀座・横浜・福岡等)多数開催。その後、京都の認定NPO法人文字文化研究所にて、平成15年、当時の理事長・白川静氏(文化勲章受章)より当時、最年少の文字文化認定講師を拝命。平成17・18年、コムサイズムブランドより『宇佐美志都 浴衣』として350店舗にて展開。また、日本七都市にて、原画作品展及びサイン会を開催。平成21年、ロンドン芸術大学にて、テキスタイル専攻。在英時、在英日本大使館主催初の「ジャパン祭」に重要無形文化財「新内節浄瑠璃」鶴賀若狭掾様、鶴賀伊勢次郎様と共演し日本文化を紹介し、「いろは唄」等揮毫。現在、東京を拠点に、書家・文字文化文筆家として書制作及び、文字の成り立ちと日本の慣習にまつわる執筆・講演を行っている。作品は、東京港区の『書庵』と、宇佐美本店本社(北九州市小倉北区)の『書廊』にて、常設展示。詳細は、公式HPにて。


■ web sites ■
宇佐美志都 公式ホームページ 宇佐美志都公式ホームページ

宇佐美志都2009 『ロンドン滞在記』 宇佐美志都2009『ロンドン滞在記』

宇佐美志都 公式広報便り 宇佐美志都公式広報便り

宇佐美本店 公式ホームページ
  〜本格和調味料をあなたへ〜宇佐美本店公式ホームページ

■ calendar ■

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

■ entries ■

■ archives ■

recent comment

  • マルヰガス マルヰ かわら版「ムティ」
    濱田 裕子
  • マルヰガス マルヰ かわら版「ムティ」
    濱田 裕子
  • 『彼女が水着に着替えたら』?! 〜実は、私は水泳選手だった。
    にわとり
  • あけまして おめでとうございます。
    にわとり
  • ※宇佐美志都 広報よりお知らせ※
    にゃん子
  • あけまして おめでとうございます。
    村田(松永)美由紀
  • あけまして おめでとうございます。
    杉浦彩乃
  • あけまして おめでとうございます。
    森田
  • 「第7回 ベストデピュタント賞 2010」 受賞 ご報告
    宇佐美志都
  • 「第7回 ベストデピュタント賞 2010」 受賞 ご報告
    ぼんぐ

■ search this site. ■

■ mobile ■

qrcode

■ others ■

powered

みんなのブログポータル JUGEM

sponsored links